治療の方法などの解説です。詳しくは主治医に聞いてください。

血漿交換

 (Plasma Exchange)血漿中に存在する病因関連物質や病態を悪化させていると考えられている物質を除去することで、病態を改善させる方法
東大病院血液浄化療法部

FFP

 (Fresh-frozen Plasma)新鮮凍結血漿
Wikipedia

全血輸血

 採取された血液をそのまま用いる輸血方法。循環器への負担が大きいため、今は成分輸血が多い。
日本赤十字社
日本血液製剤協会

成分輸血

 患者にとって必要な血液成分のみを血液から取り出して用いる輸血方法。
 主に酸素を体内の組織に運ぶ赤血球が不足している場合に用いられる「赤血球製剤」、血小板が不足しているときに用いられる「血小板製剤」、 アルブミン、免疫グロブリン、凝固因子などの有用物質を含む血漿(血液中の液体部分)を補充するために用いられる「血漿製剤」の3つに大きく分けられる。
日本赤十字社
日本血液製剤協会

PC

 濃厚血小板

葛西手術

 肝臓の外の胆管をすべて取り除き,肝臓側の断端を腸管で被うように,肝臓そのものと腸管とを吻合する方法。肝門部腸吻合術とも言う。故・東北大教授葛西森夫によって考案された。
小児外科学会

肝門部腸吻合術

 肝臓の外の胆管をすべて取り除き,肝臓側の断端を腸管で被うように,肝臓そのものと腸管とを吻合する方法。葛西手術とも言う。
小児外科学会

腹腔鏡下◯◯手術

 お腹(腹腔)に数箇所穴を開け、穴からカメラや鉗子・メスなどを入れ、モニターを観ながらする手術。開腹手術よりも患者への負担が少ないと言われる。葛西手術を腹腔鏡下でしている施設はごくわずか。

内視鏡

 口や鼻からチューブで入れ、胃・食道などの臓器内部を観るカメラのこと。

MCTミルク

 (Middle Chain Triglyceride:中鎖脂肪酸トリグリセリド)MCTは分解速度がはやく、吸収速度が速い。脂質吸収障害がある赤ちゃんに処方される特殊ミルク。

IVH

 (Intravenous Hyperalimentation) 中心静脈栄養法。上大静脈から点滴により高カロリー溶液を注入して栄養を摂取する方法。
コトバンク

頓服

とんぷく。症状が出た時に薬を飲むこと。

対症療法

 病気の原因を取り除くのではなく,病気によって起きている症状を和らげたり,なくしたりする治療法。
国立国語研究所

PT

 (Physical Therapist) 理学療法士。機能障害の後療法として、光線・温熱・水浴・電気・超短波・エックス線・ラジウム・気候・機械療法やマッサージ療法をする技師。

保存的療法

 手術できないか、しない方がよい場合に内科的処置をすることをいう。

輸液

 水分や電解質などを点滴静注により投与する治療法。
Wikipedia

ガーレ還元

 胆汁還元とも言う。胆道ドレナージによって体外に排出された胆汁を体内に戻すこと。内服あるいは経鼻的チューブによって行われる。胆汁は脂肪の消化吸収を助ける役割を持っている。ガーレ還元は、胆汁が体内で本来の役割を果たすことを期待して採られる処置である。
ナースpedia