HOME > 血液検査 > その他


 各検査項目の小児の基準値は性別、月齢・年齢によって異なります。こちらでは掲載しません。
詳しくは小児臨床検査基準値(国立成育医療研究センター)

CRP

(C反応性蛋白)血液中に含まれる「C反応性たんぱく」の含有量を測定する検査のこと。C反応性たんぱくは、人体内で炎症性の刺激や細胞の破壊が生じると急激に増加してくるタンパク質成分であり、このように症状に反応して増加する物質を「急性相反応物質」と呼ぶ。
検査ぶっく